洋服代の節約

一人暮らしなので、いろいろと工夫して節約をしながら暮らしている。
と言っても、お風呂場の残り湯を洗濯に使用したりなど、極端な節約はあまり好みではないのと、やっていてつらくなったりするので、自分のできる範囲で、と決めている。
例えば、服飾費は単品でも数千円と値段が張ったりするので、ショッピングモールの専門店をいくつも周って、値段や質を比較した上で購入するようにしている。

時間も手間もかかるが、洋服はやはり試着したりして、実際に見てみないと色や形など細かいディテールが分からないので、この方法が最も今の自分に適してると感じる。
洋服は同じサイズでもメーカーによって全く同じ型ではないので、細身なメーカーはトップス・ボトム・アウターなど全てが大体スリムなつくりになっているものだ。
ユニクロや無印はベーシックなものが多いが、サイズが他と比べるとやや大きめだと感じる。

ネット通販で一度購入し、試着できるというサービスもあるが、何度か試して結局効率が良くないと判断して、それからは頼んではいない。
少ない洋服でも、アクセサリーや靴など小物でだいぶ印象が変わるものだ。
それは洋服屋さんの店員さんを見て学んだ。

一見ベーシックな服も、流行の靴を履くだけで、何でもない服がとってもおしゃれに見えるのだ。
靴もメーカーごとに型が異なるため、これも履いてみないと自分の足型に合っているのか、分からない。
そのため、いくつものメーカーの靴を試し履きし、自分の足型に合っているメーカーを見つけておくと、セールなどの時に無駄に履きまわることもなく、メーカーを絞って効率的にお店を周ることができる。
都内の百貨店が集中している地域であれば、一度に数店舗周ることができるので、お気に入りの靴を購入する時はとても便利だと思う。
結局自分の場合、ほとんど足で探して、見つけて購入したものが、長く使えるものが多く、コストパフォーマンスも良い品を選択している場合が多いのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>